バッチフラワーレメディとは?

数あるフラワーエッセンスのブランドの中で、私がお勧めするのは、バッチフラワーレメディです。
こちらは、体の症状ではなく感情に効くお薬ということで、私も試して効果を感じましたので、ここで紹介させて頂きます。

『レメディ』とは治療薬という意味で、『バッチ』というのは人物名です。
つまり、バッチフラワーレメディというのは、『バッチさんという人が作ったお花の治療薬』という意味になります。

現在、フラワーエッセンスには沢山のブランドがありますが、バッチフラワーレメディは最も歴史が古く、1936年にイギリスのバッチ博士という元々お医者さんだった人が発表しました。

バッチフラワーレメディは、お水にお花のエネルギーを移して、そのエネルギーの溶け込んだお水を母液として使用するので、特に花びらが入っているというわけではなく、見た目は無色透明の液体です。

こちらの母液に保存料を加えて作るのですが、保存料によって2種類に大別されていて、
*グリセリンタイプ
*ブランデータイプ
があります。

日本ではグリセリンタイプが主流の様で、原液自体は無味無臭ですが、グリセリンタイプは少し甘みがあります。

初めに「バッチフラワーレメディは治療薬です」とお伝えしました。
では何に効くお薬かというと、『感情に効くお薬』とされています。

なので、例えば「ちょっと心が疲れたな…」「ストレスが溜まったな…」とか、「自分のこういう考え方の癖を直したい」なんて時に使用すると効果的です。

又、心と体は繋がっていますので、感情のバランスを整えることで自然治癒力が高まり、体調が良くなる効果も期待できます。

開発者のバッチ博士は元々お医者さんだったので、そのためにフラワーレメディを開発しました。
つまり、「体の症状に、心の状態が関係しているのではないか…」
という考えからこの治療薬を開発したのです。

例えば、ストレスが原因で胃潰瘍になることがあるように、心の状態が体に出るケースも多くあり、その場合、体の症状を抑えても心の状態に変化が起きなければ、一時治ったように見えてもまた再発してしまう可能性もあります。
そんな時、体のケアと共に心の状態を良くするフラワーレメディがお勧めです。

このようにフラワーレメディは、痛みを止めたり、風邪の菌を殺したりという直接的な作用はありませんが、感情のバランスを整えることで自然治癒力を高め、2次的な効果として体の症状を改善するという効果が期待できます。

勿論、体の症状がなくても、先程書いたように、ストレスを感じる時や、考え方の癖を直したい時などに使用して頂いて大丈夫です。副作用も無いので、お子様からお年寄りまで安心してお使い頂けます。

病院でもらうお薬の様な即効性はありませんが、少しずつ心が軽くなっていくことでしょう。

因みに、バッチフラワーレメディにはペット用もあり、動物にも効果があるようなので、プラシーボ効果(自己暗示的なもの)ではないと言われています。

体質や、合う合わないはあると思いますが、ご興味ある方、是非一度試してみては如何でしょうか(*^^*)

《選び方・使用方法》

《HOME》