幸せの数を数えましょう

人って何故か、あるものより、無いものに目がいってしまうんですよね。

もっと○○だったらいいのに...

もっと△△だったらいいのに...

私達はつい、幸せの数より不幸の数を数えてしまいます。

それがプラスに働いてエネルギーに変わり、向上していければいいですが、

マイナスに働いてしまうと、

いつも「満たされない」

自分の人生は「何か違う」

という感覚になって、

人生に充足感を感じることができなくなってしまいます。

話は変わりますが、今、中国の武漢では大変な事態になってますね。

でもこれは対岸の火事ではなくて、日本だって同じようになる可能性はゼロではないはずです。

もしも明日、自分の住んでいる地域で同じことが起きたら...

もしも、そんな状況に投げ込まれたら...

そう考えたら、

きっと、

今の自分(平凡に暮らしている自分)が、どんなに恵まれ、幸せだったかを痛感するのではないか?

と思うんですね。

…ということは、

今私達は、充分幸せなんですよね。

健康な体があって、雨風しのげる家があって、毎日ご飯が食べられお風呂に入れる...

当たり前のことかもしれないけど、

明日何があるか分からない世の中だから、

その「当たり前」を、失わない保証はどこにもないですよね。

失って初めて気付くと言いますが、

失って初めて「自分は幸せだった」と気付くより、

今この瞬間、あるものに目を向け「ありがとう」という気持ちで過ごせば、

今この瞬間から、私達は幸せになれる、

と思うのです。

幸せとは、物質的な見た目や量ではなく、心の充足感です。

「地獄、極楽は、胸三寸にあり」という言葉があるように、

ほんの少し目線をずらして、無いものではなく、あるものに感謝して過ごせば、

その瞬間から、人生は極楽に変わるのではないでしょうか。。

昔、美輪明宏さんがこんなことを仰っていました。

いつも「ありがとう」「ありがとう」と思っていると、

実際に「ありがとう」と思える出来事が訪れる、と。

正に、引き寄せの法則ですね。

又、いつも「ありがとう」という気持ちで過ごすことは、健康にも良いのではないか?と個人的に思います。

水に「ありがとう」という言葉をかけると、その水の結晶が美しくなるという話をご存知の方も多いと思いますが、

人間の身体の7割ぐらいは水でできていると言いますから、

いつも「ありがとう」という気持ちを持つことで、身体にも良い変化が起きるかもしれません。

因みに、私はいつも思うのですが、

幸せな出来事が起きるから、心が安定するのではなく、

心が安定するから、幸せな出来事が起きるんですよね。

順番が逆なんです。

そして、心が安定するためには...

幸せの数を数えること、

だと思います。

つまり、

不幸の数を数えるより、幸せの数を数えること、

それが、健康で幸せでいられる秘訣ではないか?

と思います。

だから、

もしも、無いものを見る癖が、

「自分は強いな」

と思う人がいましたら、

是非、あるものを見る癖に変えてみて下さい。

それはただの癖ですから、意識すれば必ず変わります。

私達は、幸せの数え上手になって、

健康で幸せな人生を送りたいものですね。

今回の新型ウィルスの問題も、もしかしたら、

「当たり前のことに感謝するように」

という、天からのメッセージかもしれません。

だから、

ただ恐れるよりも、その中から教訓を得て、自分が変われば、

事態もより早く、良い方向へ進むのではないか...

と、そんなことを考えています。

🍀英国式スピリチュアリズムベース*メンタルケアカウンセリング受付中

🍀スピリチュアルレッスン受付中⇒不定期でお試しレッスンやってます(詳細はこちら

🍀雑誌『anemone』6月号に掲載されました!
→雑誌を見た方に割引特典あり(こちらをご覧下さい)

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》