” 心の中の光に従いなさい ”

私は、『霊界通信』や『霊訓』と呼ばれるものを読むのが好きで、よく読むのですが、

これは、霊的世界の中でも高次元の存在が、霊媒を介して語る、いわゆる『啓示』のようなもので、

宇宙や人生の真理、どうすれば人間が幸せに生きられるかについて、霊的世界の方達が私達に直接教えてくれるものです。

過去に行われた、そういった通信の記録が本になっていて、

霊的世界の方達の生の声が聞ける感じがして、私はとても好きなんです(*´▽`*)

中でも「シルバー・バーチ」や「ホワイト・イーグル」が好きでよく読むのですが、

最近、ホワイト・イーグルの『自己を癒す道』という本を読み返した時に、印象に残った言葉があったので、ここでシェアしたいと思います☆

その言葉は、今日のブログタイトルにもなっている、

″ 心の中の光に従いなさい “

という言葉です(*^^*)

人間の中には光と闇が同居しています。

光100%、闇100%という人はいません。

「80:20」か、「70:30」か、

それは人それぞれだったり、その時の状況にもよるのかもしれませんが、

とにかく100%というのはないんだそうです。

だから時々、

どうしようもなく腹が立ってしまったり、

誰かを恨んでしまったり、

嫉妬してしまったり、

不安になってしまったり、

鬱々と、どんよりしてしまうこともあると思いますが、

そんな心の闇は、あっていけないわけじゃなくて、

むしろ、人間だからあって当然です。

でも、そんな時にも、必ず「光」はあるんですよね。

例えば、腹が立った時、

「相手にも何か事情があったんじゃないか…」

と思うことで、少し気持ちがラクになることってありませんか?

そんな時は、自分の中に、相手を理解する、若しくは信じるという愛の行為…つまり「光」を見つけた時です。

闇の中にいる時、私達は「苦しい」と感じるけど、光を見つけると、フッと心が軽くなったり、何かから解放されたような気持になったりするものなんですよね(*´▽`*)

先程お話したように、闇100%は絶対にありません。

どんなに心の中が闇に支配されてしまったように思える時でも、必ず光は残されています。

その光を探して、そこに意識を向ければ、私達は、自分で自分を癒やし、救い出すことができるのではないでしょうか...

又、光は光を引き寄せますから、

日々の言動を、光…つまり、愛に基いたものにすれば、いずれその人自身が愛を受け取ることになり、明るい未来を引き寄せることができます。

与えたものが返ってくる同じものを引き寄せる、というのが宇宙の絶対的な法則だからです。

でも、

それが自分のためと分かっていて、光に意識を向けても、

一時的に、自分が損をした気分になることもあるかもしれません。

「辛い」と感じることもあるかもしれません。

それでも、

心の中の光に従えば、後で必ず、ベストな状態に導かれていきます。

マイナスを受け入れることで、後で必ずプラスを受け取ります。

これも、正負の法則、又は、埋め合わせの法則、という宇宙の法則です。

物質の法則(例えば慣性の法則)が、この人には働いて、この人には働かないということがないように、宇宙の法則も、条件さえ整えば必ず全ての人に働きます。

なので、

打算ではなく、

道徳的だからとか、

誰かに言われたからとかでもなく、

ただ、自分の心が救われるために、光に従うのであれば、

後で必ず、全てが丸く収まります。

時間が掛かっても、必ず、その人にとって本当に幸せな未来へと導かれていくはずです。

宇宙の法則によって...

以下に、ホワイト・イーグルの「自己を癒す道」から原文を翻訳したものをそのままご紹介します(*^^*)

” 心の中の光に従いなさい ”

皆さんの失意と苦しみ、皆さんをとらえている苦しみ、これを我らが知らないとお考えなさるな。

霊である私共には、皆さんには試練があることが分かっています。

肉体はいつでも調子よく働くものではないことも知っています。

物質生活とはやっかいなもんだということもわきまえています。

皆さん、私共は皆さんにピタリと波長を合わせているので、皆さんの気持ちは手にとるように分かります。

皆さんの困難と問題が何であるかは分かっています。

しかし、私共はあらためて皆さん方お一人ずつに保証しておきたい、もし皆さんが心の中の光に従うなら、万事はうまくいくのだということ、この事です。

ーホワイト・イーグルー

🍀英国式スピリチュアリズムベース*メンタルケアカウンセリング受付中

🍀スピリチュアルレッスン受付中

🍀雑誌『anemone』6月号に掲載されました!
→雑誌を見た方に割引特典あり(こちらをご覧下さい)

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》