台風19号のこと

こんにちは。咲乃です。

先日の台風19号、怖かったですね。

大分広範囲に被害が出たようで、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

私は埼玉に住んでおりますが、埼玉は、海も大きな山もなく、誇れるものもあまりありませんが、その分災害もないのが私の中では自慢でした。

その埼玉までもが、いろんな所で川が氾濫し、かなり大きな川…今まで一度も溢れたところを見たことがない川まで、氾濫したり、堤防が決壊した所もあったようで、本当に驚きました。

私の住む地域は近くに川がないので無事でしたが、私がよく行くショッピングモールは1階部分が冠水し、今も全館で営業を停止しています。

また鉄道も…、

この辺りは東武東上線で、東上線は普段お天気にはとても強く、強風でも雪でも大体通常通り走りますが(その代わり、人身事故はめちゃめちゃ多いです)、

その東上線が、台風の次の日は、最寄り駅でお昼頃まで運転見合わせで(下りは夕方頃やっと動き出したようです)、動き出しても間引き運転で各駅停車のみという状態で…。

私はその日、都内に行く用事があったので、約束の時間に間に合わないのではないかとヒヤヒヤでした。

今もお家に帰れず避難所で生活している人を思えば、大したことないのかもしれませんが…。

でも、本当に災害のない地域で、恐らくこんなことは3.11以降初めてぐらいのことだと思うので、それだけ今回の台風が凄かったということではないかと思います。

千葉に大きな爪跡を残した先日の15号もそうですが、ここのところ台風が巨大化していますよね。

私はこれは、人間が木を切り過ぎるのも原因の一つではないかと思います。

ここ最近、自宅付近では林がどんどん住宅地に変わっていきます。

ここへ越して20年の間にどれだけ緑が減ったことか...

又、全国各地で、山を切り拓いて作った広大な土地に、ソーラーパネルを敷き詰めるという事業が行われています。その理由は電気を売ってお金を儲けるためです。

そのために大量の木が切り倒されています。

(中には原発に替わるエネルギーをという考えでやっている人もいるかもしれませんが、何か別の方法はないのでしょうか…)

私は、そういった話を聞く度に、元々そこに住んでいた動物や虫や自然霊達は、いったいどこへ行けばいいのだろうと胸が痛みます。

そして最近の自然災害を見ていると、どうしても、私達が自然に対してしたことが「返ってきているな」と感じられて仕方がありません。

与えたものが返ってくるというのが宇宙の法則ですから...

でも、法則以前に、

CO2を吸収してくれる木がなくなれば、その濃度は自然と上がります。

また、森林の土壌は雨水を吸収するという話もありますから、

森が消えれば、温暖化によって大雨が降りやすくなりますし、大雨が降れば山に降った雨水が一気に下流へ流れ込むということは容易に想像できます。

なので、自然災害は「神様が起こしている」という人もいますが、私はどうも、人間が、自分で自分の首を絞めているような気がしてなりません。

なので、お金よりも命を守るために、

地球環境について、

生まれて来る子供達に住みやすい環境を残すことについて、

国レベルでも、個人レベルでも、真剣に考えなければいけない時代だなというふうに思います。

最後に、被災された地域が一日も早く復興できますようお祈り致します☆

🍀英国式スピリチュアリズムベース*メンタルケアカウンセリング受付中

🍀スピリチュアルレッスン受付中→不定期でお試しレッスンやってます(詳細はこちら

🍀雑誌『anemone』6月号に掲載されました!
→雑誌を見た方に割引特典あり(こちらをご覧下さい)

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《日記一覧》

《HOME》