『ピンピンコロリ』のためには...

こんにちは☆

咲乃です^_^

前回、健康に関するお話をしたので、今回も健康に関するお話…というか、情報をお届けしたいと思います!

先日、いつもお世話になっている美容師さんに、ある本を紹介して頂きました。

後ほど詳しくご紹介しますが、

この本は漢方薬局のお店の方が出された本で、

『養生』という考え方を元に、日常生活の中で実践できる健康に役立つ情報を紹介しているものです。

養生とは『備える生き方』で、『今とこの先を快適に暮らすための方法』だそうです。

前回、予防医学という話が出ましたが、養生とは多分、

「病気やトラブルを未然に防ぐために、日々、体と心を労わりながら暮らしましょう」

ということだと思います。

皆さんは、病院へ行くほどではないけど、「何となく調子が悪い」「気になる症状がある」ということはありませんか?

私は元々、敏感な体質なので、

病院へ行って検査をしても数値には出ないけど、

貧血っぽい症状があったり、アレルギー反応と思われる症状があったりするのですが、

病院へ行っても「異常なし」と言われるので、どうしたらいいのか困ってしまうことがあります(/_;)

この本は、そんな、病院へ行くほどではないけど気になる症状がある人や、

原因不明の症状に悩まされている人にお勧めの一冊です。

偏頭痛や、血圧の問題、冷え、むくみ、アトピー、PMS(月経のトラブル)など、よくある症状から、

タイプ別ダイエット、季節ごとの養生の仕方、

又、鬱や更年期、認知症など、

その原因や、日常生活の中でできる対処法が沢山載っています。

私が特に「いいな」と思ったのは、タイプ別になっているところです。

例えば、テレビで「○○には△△が良いらしい」と聞くと、

皆それに飛びついたりしますが、

体質によっては、体に良いとされる物も、あまり摂らない方が良い場合もあるみたいです。

この本は、

「こういう症状の人には、これ」

「こういう体質の人は、これはダメ」

と、タイプ別にその人に合った方法が載っているので、

自分に本当に合った養生の仕方が見つかると思います。

因みに、この本の『はじめに』の部分に載っていた著者の方のお話が、私はとても印象に残ったので、最後にお話させて頂きますね☆

健康に良いとされる方法は様々ありますが、著者の方はこう話しています。

「全てを完璧にすることが目的ではなく、できそうだと思ったことから取り入れてみて下さい。

そうすることで、不調もそれほどひどくなく、

なんとなく元気に暮らしていけ、

そして最後にぽっくり死ぬという、ピンピンコロリが体現できるのではないでしょうか」と。

私も含め(笑)心配性の方ほど、

「今日はここが痛かった」

「昨日はこっちが調子悪かった」

と悪いところを数えてしまいがちですが、

『常に完璧で、何の問題もない状態でないといけない』

という思いはストレスになり、

不安や心配から新たな病気を作り出してしまいそうですよね(;^_^A

(これは人生についても言えるかもしれません)

常に何の問題もなく、完全に完璧な状態って、

本当は、あまりないのかもしれません。

特に年齢を重ねると、肉体も物質ですから、長年乗った車のように、いろいろと小さなトラブルが出てくるのは、当たり前なのかもしれません。

だから、

『不調もそれほどひどくなく、なんとなく元気に暮らしていける状態』を目指そう!

と、思う程度でいいのかなぁ、なんてことを感じたりしました(*^^*)

このぐらいゆるい考えの方が、メンタルヘルス的にも良いかもしれませんね。

私も、自分にできることから始めて、自分に合った養生をゆるゆると続けて、ピンピンコロリを実現させたいと思います(笑)

今回、色々な意味で、美容師さんには良い本を紹介して頂きました。

ありがとうございました(*´▽`*)

皆さんもご興味あれば、是非!

紹介して頂いた本はこちら↓↓↓

発行:ナツメ社
著者:櫻井大典
『まいにち漢方』

🍀英国式スピリチュアリズムベース*メンタルケアカウンセリング受付中

🍀スピリチュアルレッスン受付中

🍀雑誌『anemone』6月号に掲載されました!
→雑誌を見た方に割引特典あり(こちらをご覧下さい)

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《日記一覧》

《HOME》