私のこと②

今日は前回の続きになります(*^^*)
(私のこと①はこちら

実は初めにこの仕事をやろうと決めた時、『スピリチュアル』を前面に出して良いものか、もの凄く悩みました。

それこそ、イギリスでは幽霊の出る物件の方が人気があると言われるほど、霊魂の存在が一般的に受け入れられているそうですが、

日本では、昔よりは良くなったとは言え、スピリチュアルなことを口にするのは、まだまだ勇気の要ることです。

ベストセラーになった『生きがいの創造論』の著者、飯田史彦さんは、本の中で、

” スピリチュアルなことを口にした途端、親しかった人達が離れていった ” というようなことを書いています。
(勿論、理解を示してくれた人も沢山いたそうです)

だから私も、「友達を失くしてしまうのでは?」という恐怖感もありました。
(普段、本当に親しい友人としか、こういう話をしなかったので)

でも、

前回も書いたように、

私はスピリチュアリズムのお陰で人生が癒やされ、変容することができました。

だから、

「自分で自分にしたことしか、人に対してもしてあげられない」

と思ったので、

勇気を出して、

『英国式スピリチュアリズムベースのメンタルケアカウンセリング』

と謳うことにしました。

私は子供の頃、よく分からなくて、魂の世界(その時の私にとっては宗教)を、

「厳しいもの」

「恐ろしいもの」

と捉えてしまいました。
(単なる誤解かもしれませんが)

でも、スピリチュアリズムは、

「愛のある世界」

です。

厳しさもあるけど、根底には『愛』があります。

そんな世界観が、私はとても好きです(*´▽`*)

又、スピリチュアリズムは、

「これが幸せになるための唯一の方法」

とは言っていません。

「これ以外は信じてはいけない」

「一度始めたら、やめにくい」

みたいな縛りはなく…、

あくまでも、人生を輝かせるための、知識・学問です。

私は、スピリチュアリズムを、

「人生を歩く上で便利な、ツールのようなもの」

と捉えています。

そんなツールを、

私は、私なりの言葉や表現で、

縁あって出会った人達に、これから少しずつ手渡していけたらいいなって思います(*´▽`*)

受け取った人が、いつも自分の引き出しにしまっておいて、

何かあった時に、いつでも取り出して利用することで、

自分で自分を癒やしたり、目の前の問題を乗り越えていくことができるように。。。

そして、周りの人も幸せにすることができるように。。。

🍀英国式スピリチュアリズムベース*メンタルケアカウンセリング受付中

🍀スピリチュアルレッスン受付中

🍀月に2回お茶会やってます!
→関連記事はこちら

🍀雑誌『anemone』6月号に掲載されました!
→雑誌を見た方に割引特典あり(こちらをご覧下さい)

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》