私のこと①

よく、周りの人に「自分のことを書いてみたら?」と言われるのですが、何となく気恥ずかしくて(^^ゞ

でも何となく書いてみようかなぁという気持ちになり、

今回は、少し『私のこと』についてお話させて頂きたいと思います。

その前に。。。

人の感情って、その人が何を信じているかによって変わってくるものだと思うんですね。

例えば、意識・無意識に関わらず、

「人は外見が大事」と信じている人は、

人と違った外見を少し指摘されると、そのことが気になってコンプレックスを抱いてしまうかもしれません。

でも、

「人は中身、人柄が大事」と信じている人は、

外見のことを指摘されても、「そぉ?」でおしまいだったり、

逆にそこを自分の個性と捉えていたり、

自虐ネタにして笑いを取ってしまったりするんですよね^_^

こんなふうに、同じ出来事でも、

その人が『何を信じているか』によって感情が変わってくるし、

感情が変われば、行動も変わってくるし、

最終的には人生全体が変わってくると思うんです。

私が昔信じていたことは、自分を苦しめることばかりでした。

うちは親が宗教をやっていたので、

『悪い事をすると罰が当たる、地獄に堕ちる』とか…、

親が割と完璧主義だったので、常に、

『きちんとしていなければいけない』

『できる子でなければ愛されない』とか…、

そんなふうに思っていたんですね。

でもそれを信じると、

常に正しく、過ちをおかさない、

何事も完璧にこなせる自分でいなければいけなくて。。。

でも、人間だから、そんなの絶対に無理ですよね。

だから、いつも、

「自分はダメ」

「こんな自分には価値がない」

そう思っていて。。。

そう思っているから、

人に何か言われると、全部自分への批判と受け取ってしまうし、

何かトラブルがあると自分のせいだと思い、自分ばかりを責めていました。

そんなストレスが、対人恐怖、パニック発作、SADなどの症状に繋がっていたのだと思います。

でも、スピリチュアリズムに出会って、

” 人は完璧を目指して旅をしている、未熟な魂 ”
” でも本当は光そのもの、愛そのもので、皆、神に愛されている ”
” 地獄はなく、死後は自分の持つ波長と同じ場所に平行移動していくだけ ”
” 人の価値は物質的なものでは測れず、いかに心が純粋で、キレイな魂を持っているかが重要 ”

などの新事実を知った時、

「えぇっ??」「そうなの??」

と思いました。

「今まで信じていたのと全然違う」と。。。

そして、それを知った時、何かから解放されたように心が軽くなったんですね(´▽`*)

それで、もっと人生の真理、宇宙の真理を知りたくなっていろいろと勉強しました。

そうして勉強していくうちに、私の人生観、世界観は180度ひっくり返りました。

しかもイギリス発のスピリチュアリズムは、

霊的な世界からの啓示であっても、

誰か一人の言葉を全てとするのではなく、

何百、何千という降霊会の記録を元に、比較したり検証したりして、

研究者達が「これは間違いないだろう」と納得したものをまとめたものなので、

より信頼性が高いと言うか…、

私が今まで信じていたものを手放すには、それなりの根拠が必要でしたが、

その根拠も示してくれた気がしたんですね。

イギリスでは、「魂なんて無い!」「そのことを証明してみせる」と意気込んで、逆の立場から研究を始めた人が、

研究を進めていくうちに「やっぱりこれは本当かも…」なんて意見を変えていく人もいるのだそうですよ。

面白いですね^_^

そんなイギリスのスピリチュアリズムだからこそ、私は信じることができたのだと思います。

そんなふうに世界観や価値観が変わってくると、

日々の出来事に対する自分の反応が、少しずつ変わってくるんですね。

そして今では、そもそもネガティブな感情があまり起きなくなったというか、

起きてもすぐに手放せるようになりました。

だから今、私は、プライベートな悩みは『ゼロ』です^_^

こんなふうに、私を丸ごと変えてくれたばかりでなく、

こういった仕事を通して、他の方の人生の瞬間にまで関わらせて頂いて、

中には、「咲さんに話して良かった!」「あなたの様なカウンセラーを探していた」なんて言って下さる方までいて…、

対人恐怖やパニック症で悩んでいた私が、こんなふうに変容できたのは、

「スピリチュアリズムのお陰だなぁ」って、今改めて思います。

長くなるので続きは次回。。。

『私のこと②』

🍀英国式スピリチュアリズムベース*メンタルケアカウンセリング受付中

🍀スピリチュアルレッスン受付中

🍀月に2回お茶会やってます!
→関連記事はこちら

🍀雑誌『anemone』6月号に掲載されました!
→雑誌を見た方に割引特典あり(こちらをご覧下さい)

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》