みんな愛されている(*^_^*)

日本人は、自己肯定感の低い人が多いと言います。

その原因の一つには、

「日本人は、感情表現が下手だから。」

というのがあると思います。

外国人から見ると、

「日本人には感情がない」

というふうに映るようですが、

確かに私達は、感情表現、特に愛情表現が苦手ですよね?

思ったことを、すぐに表に出さない、

そんな奥ゆかしさも、日本人の美徳ではありますが、

でも、特に子供の頃は、親や周囲の人の愛情を得て、精神を育んでいきます。

本当は、子供を愛していない親はいないのに、

心の中では、大切な存在だと思っているのに、

それを伝えることはなく...

でも躾は必要だから、叱る...

よく教育はアメとムチと言いますが、

アメをもらった記憶はあまりない、という人もいるのではないでしょうか?

しかも学校へ行けば、成績や、できる・できないで評価されますよね?

私達は、

「どんなあなたも愛してる」

「存在自体に価値がある」

というメッセージを受け取らないまま、社会に放り出されてしまうので、

成績が良ければ、
能力があれば、
物をたくさん持っていれば、

価値ある人間、

そうでないと、自分はダメ、

という価値観を、どこかに持ったまま大人になってしまうのだと思います。

そして、真面目で理想の高い立派な人ほど、その傾向は強いように思います。

でも、

そもそも私達は、みんな祝福されて生まれてきました。

ただ、スヤスヤ眠っているだけで、

ただ、存在するだけで、

周りの大人達を笑顔にしていました。

幸せな気持ちにしていました。

それが本来の姿というか、

そのことを思い出してみるといいのかなと思います。

そして、たとえ、

「私は望まれずに生まれた」

という人がいたとしても、

この世に、「誰からも愛されていない人」は一人もいません。

私達は、みんな神に愛されています。

(ここで言う神とは、特定の存在ではなく、全てを創造した創造主のことです)

ここから先は、信じる人だけ信じて頂いて、

興味のない人はスルーして下さいね(^_-)-☆

20世紀最大のチャネラー、” エドガー・ケーシー ” によると、

気の遠くなるような太古の昔、

私達は神と一体だったと言います。

ある時、更なる向上進化を願った神が、

自分の内から光を放ち、

その光の一部が物質宇宙となり、

また一部が私達人間の魂となり、その他の生命となって、

今の宇宙が誕生したそうです。

だから私達は、神から生まれた ” 神の子 ” と言えると思います。

そして、親が子を愛するように、

神は全ての人間を愛して下さっています。

そしてまた、神の愛は完全です。

○○だから愛する。

○○だから愛さない。

という条件がありません。

どんなに未熟な人も、

神に背を向けて生きているような人でさえも、

神は、全ての存在を愛して下さっています。

その人の成長を願うからこそ、

時に試練を与えるようなことはあっても、

感情的に罰を与えることは絶対にしません。

この人は良い、この人はダメ、

と評価することもしません。

全てを包む、大きな深い愛で見守って下さっています。

私達の、更なる進化向上を願いながら...。

まだまだ未熟ではありますが、

私達は神の一部です。

命あるものは全て、神の光を宿しています。

だから、

○○だから良い、悪い、ではなく、

命あるものは全て尊いのだ、ということ、

存在自体に価値があるのだ、ということ、

又、

私達はみんな、誰一人見落とされることなく神に愛されている、

ということを忘れずに、

自信を持って生きられるといいですね(*´▽`*)

🍀英国式スピリチュアリズムベース*メンタルケアカウンセリング受付中

🍀スピリチュアルレッスン受付中

🍀月に2回お茶会やってます!
→関連記事はこちら

🍀雑誌『anemone』6月号に掲載されました!
→雑誌を見た方に割引特典あり(こちらをご覧下さい)

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》