本当の意味で「自分らしく生きる」とは...

よく、「自分のやりたいことをして、自分らしく生きるといい」と言いますが、

頭が欲しいものと、

心(魂)が欲しいものが、

違う場合も、結構あります。

例えば、大好きな食べ物が目の前にあって、

頭では「食べたい」のだけれど、

もうお腹がいっぱいで入らない、体が受け付けない、

という時があるように、

頭では「こうしたい」「これがいい」と思っても、

それが本当にその人のためにならなかったり、

魂の本来の望みから離れてしまっていたりすると、

人生に疑問を感じたり、

虚しさを感じたり、

ということが起きてしまいます。

そんな時、頭で考えていることは、

大体が、他の人の価値観だったりします。

例えば、

親が望んだもの、
世間の人が良いと言ったもの、
マニュアルで決まっているもの、

など。

自分以外の人が作った価値観を、自分の本当の望みと勘違いして生きていると、

いくら望み通りになったとしても、

心は、何か物足りなさを感じたり…、

本来の道へ戻そうとする力も働くので、

うまくいかないことが増えたり…、

ということも起きてしまいます。

そんな、他の人の価値観ではなく、

本当の意味で自分らしく生きるために、

私は、

” 自分の感覚 ”

を大事にすると良いと思います。

人にどう思われるかとか、
それが正しいからとか、
将来的に困らないからとか、

頭で考えるのではなく、

自分の心が、

ウキウキ、ワクワクすること、
居心地が良いと感じること、
強く心惹かれること、
それをしていると時間が経つのも忘れてしまうこと、
考えただけで心が踊ること、

などなど。

自分の心が、今、何を感じているか、

自分の心にフォーカスして、

自分の心が、

” 満たされるか ” ” 満たされないか ”

を選択の基準にしていくといいと思います。

当たり前のようですが、私達は意外と、

「○○するべきだ」
「○○した方がいい」
「○○しなきゃ」

と頭で考えて行動していたりします。

もちろん、大人としてそれが求められる場面もあります。

でも、どこか別の場所に自分らしくいられる場を作って、

バランスを取ることが、とっても大事だと思います。

心が乾いてしまわないように...。

自分の感覚に敏感になっていくと、

自分に合うもの、合わないもの、
自分は何がしたいか、何がしたくないか、
自分は何が好きで、何が嫌いか、

などがハッキリしてきます。

そして、「自分は本当は何者か」が分かってくるので、

本当の意味で自分らしく生きられるようになってきます。

又、私達は様々な目に見えない存在(守護霊)に守られて生きていて、

中でも、指導霊と呼ばれる存在は、10年先の未来が見通せて、

私達の魂の望みを叶えるために、日々導いてくれていますが、

自分の感覚に敏感になると、そんなスピリチュアルな存在からの導きを、

インスピレーションという形で受け取りやすくなります。

例えば、何となく、

「今これをした方がいい気がする」とか、

ふと、

「これしてみようかな」「あれしてみようかな」

などが感じられるようになって、

その何気ない選択が、後々人生の転機に繋がる...ということも起きてきます。

お金を払って霊能者にメッセージを受け取りに行かなくても、

私達は、自分でスピリチュアルな存在と繋がれるんですね。

そうしてインスピレーションを得ながら、

魂本来の道を歩いていると、

たとえ、その生き方が他の人の目にどう映ろうとも、

自分の心は満たされているので、

オーラに輝きが増し、キラキラと輝いて見えるようになります。

そうすると、人間関係が良くなったり、

プラスの引き寄せが起こるなど、

プラスの循環が生まれます。

幸せというのは、そうして自分で作っていくものだと、私は思います。

「〇〇しなきゃ」
「〇〇した方がいい」

など、頭で考えるのではなく、

心で感じること、

感覚的に、自分の心が満たされることを日常に増やしていくこと、

そんなことを大事にしてみて下さい。

今日は『自分らしく生きる』というテーマでお話してみました。

🍀英国式スピリチュアリズムベース*メンタルケアカウンセリング受付中

🍀スピリチュアルレッスン受付中

🍀月に2回お茶会やってます!
→関連記事はこちら

🍀雑誌『anemone』6月号に掲載されました!
→雑誌を見た方に割引特典あり(こちらをご覧下さい)

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》