実践の時代へ

先日、あるドラマを見たのですが、

その中で印象に残った俳優さんのセリフがあります。

それは、

「奇跡に出会っても、変わる人は少ない」

「多くの人は、困難に会う度に奇跡を願う」

というセリフです。

奇跡は昔からありました。

有名なのは ” ルルドの泉 ” です。

その泉の水を飲むと、

目が見えない人が見えるようになったり、

不治の病が治ったり、

ということが、実際にあったそうです。

そういった奇跡があったのは、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんによると、

「デモンストレーションのため」

なんだそうです。

つまり…、

普通では考えられないような奇跡を起こして、

『神の存在や、目に見えない世界の存在を信じてもらうため』

更には、

『目に見えない世界の真実や、自然の法則に従って生きることで、人はもっと幸福に生きられることを知ってもらうため』

そのための、霊的世界によるデモンストレーションだった、と江原さんは言います。

でも、奇跡を目の当たりにした人間は、

神の存在は受け入れたけど、

真理や法則を人生に活かすことができたのは、ほんの一握りの人で、

多くの人は、その奇跡に依存するようになってしまいました。

困ったことがあると、神や、目に見えない存在に何とかしてもらおうと、

奇跡を欲しがるようになってしまいました。

困ったことが起こるのには理由があるのに...

その根っこを変えなければ、また同じことが起こるのに...

自分を変えようとはせずに、

神や、目に見えない力に救いを求める人が、大勢出てきてしまいました。

でも、それでは意味がないんです。

私達は成長するために生まれて来ました。

自分は変わらずに、苦難だけを取り除いてもらうことは意味のないことで、

私達は、

進化していかなければ、

成長していけなければ、

生まれて来た意味がなくなってしまうんです。

今は、ルルドの泉のような分かりやすい奇跡は少なくなったと言います。

(ルルドの泉は今もありますが、フランス政府に管理され、一般の人はなかなか利用できないようになっています)

分かりやすい奇跡が少なくなったのは、目に見えない世界を信じる人が多くなって、

デモンストレーションの必要がなくなってきたからです。

でも代わりに、依存する人が増えてしまいました。

なので、これからは、より実践が必要な時代になるそうです。

真理や法則を人生に活かし、

自分で自分を癒やし、

自分で未来を切り拓く、

これからは、そんな自立した人達が増えていくそうです。

デモンストレーションの時代が終わり、これからは実践の時代です。

自分の人生は、自分で決める、自分で切り拓く、

という『自立』を、これからは大切にしていきましょう!!

Pure Heart は自然の法則を活かし、人生を軽やかに生きるコツをお伝えしています^_^

🍀メンタルケアカウンセリング受付中🍀

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》