花のように生きる

日本は ” 横並びの文化 ” と言います。

日本人は農耕民族で、みんなで並んで田植えをしていたから、

一人だけ飛び出すと怒られた…というような話も以前、どこかで聞きました。

そのせいか、日本人は、他の国と比べても、

人と同じであることを「良し」とし、

人と違うのは「ダメ」という感覚が強い気がします。

だから子供の間では、少し変わっていたり、目立つ子が、

いじめの対象になってしまうのかなと思います。

大人社会でも、自分と違う意見の相手に対して、

批判的になってしまう場合がありますよね?

又、自分が人と違っていると、

自信を失くしたり、

無理に人に合わせようとしたり、

自分ではない、何かになろうとしたりして、

それがストレスになってしまうことも、よくあります。

でも、よくよく考えてみたら、

みんな同じって、かえって不自然じゃないですか?

私のヒーリングの先生でもあり、floweringセラピストの糸田縁さんは、

「花には、いろんな花があるけれど、

バラがチューリップを批判しないよね?」

と言います。

確かに花は、

自分が一番とも、

自分以外の花はダメとも言わずに、

ただ、そこに咲いているだけですよね?

花は、みんな違うけど、みんな美しいです。

同じ種類の花を見たって、微妙に違っていて、1つとして同じ花はありません。

それぞれが、それぞれに美しく、

凛として咲いています。

それが、自然なんです。

私達も、そうありたいですね。

いろいろ違いもあるけれど、

違うことこそ、自然なことです。

批判する必要も、

同化する必要もないのだから、

あなたはバラ、私はチューリップ、と思って。

あなたは、あなたの人生を、

自分らしく、花のように、

輝かせて下さい(*´▽`*)

🍀メンタルケアカウンセリング受付中🍀

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》