今抱えている生きずらさ、もしかしたら過去のトラウマが原因かもしれません。

今日はトラウマについてお話してみたいと思います。

過去の出来事が心の傷になってしまうことって、ありますよね。

こういった心の傷のことを、

『心的外傷=トラウマ』と言います。

テレビで時々耳にするPTSDというのは、心的外傷後ストレス障害と言って、生死に関わるようなトラウマ体験(事件・事故・災害など)をした後に現れるストレス反応を言います。

又、子供の頃の、何気ない親とのやりとりが、無意識のうちに心に傷をつくり、トラウマとなって大人になっても残っている場合もあります。

PTSDの様な生死に関わるトラウマも、子供の頃のトラウマも、その人のその後の人生に影響を与え、生きずらさを感じる原因になってしまうという点では、どちらも変わりありません。

むしろ子供の頃のトラウマは、昔の事なので、原因を自覚しにくい分やっかいかもしれません。

ショックな出来事があると、真面目な良い人ほど、早く元気になろうとしたり、辛い感情を見て見ぬフリをしたりして、感情に蓋をしてしまう場合があります。

特に小さい子供は、何となくモヤモヤしていても、それを言語化できないので、心にしまい込んだまま大人になってしまうことが、よくあります。

そして、その心の傷がストレスとなり、心や身体の不調となって現れたり、似たような出来事をきっかけに感情がフラッシュバック(蘇ること・再体験)したりして…、

トラウマが遠い昔のことであればあるほど、原因は分からないけど、

「なんだか、生きずらい…」

ということになってしまいます。

今、何となく生きずらさを抱えている方、過去の出来事によるトラウマを抱えていないか、過去を振り返ってみるといいかもしれません。

遠い昔のことであればあるほど、無意識の潜在意識の方へ追いやられている可能性があるので、すぐには思い出せないかもしれませんが、よくよく考えてみると、

「そういえば、こんな事があった」「あんな事があった」

と思い出せるかもしれません。

今抱えている生きずらさ、もしかしたら昔、

心に蓋をして未解決のままになっている感情に、

「気づいてほしい」

「癒やしてほしい」

という、心からのメッセージかもしれません。

そんな心の声に耳を傾けてあげて下さい。

次回はそんなトラウマからの解放についてお話したいと思います。

🍀Pure Heart では、PTSDやトラウマに関するご相談をお受けしています。

🍀ご相談、お問い合わせはこちら。