病気を抱える娘を持つ親子に教えてもらったこと

今日は、先日テレビで見た、アメリカに住む親子の話をしたいと思います。

そのお家のお嬢さん(確か、当時3歳)は、生まれてすぐに肺に重い病気がみつかり、

「24時間、酸素吸入のチューブを付けていないと生きられない。」

とお医者さんに言われてしまったそうです。

そんな娘を不憫に思ったお父さんは、

「ベッドでチューブに繋がれているのは可哀そう。」

「同じ年の子と同じように、いろんな事をさせてあげたい。」と思い、

娘の為に出来る限りのことをしました。

まず、酸素ボンベを乗せる子供用のカートを作り、

当時なかなか手に入らなかった8mの長いチューブを探してきてボンベに繋ぎ、

家の中で自由に動き回れるようにしました。

又、外に遊びに出られない、友達のいないその少女に、

全米中から、特に穏やかで大人しい介助犬を探し出して友達替わりにし…、

更に、介助犬にボンベを運ばせることで、外出も可能になりました。

そしてある日、少女はウォーキング大会に参加しました。

2キロ程歩くのですが、

初めは両親に付き添われ、介助犬と共に歩いていましたが、

最後の数百メートルは、少女が介助犬のリードを自分で持ち、

両親の助けを借りずに、一人で歩いてゴールしたのです!

体力的なことや、介助犬と二人きりで大丈夫か?など、

心配だったご両親は、

一人で介助犬のリードを引きゴールした、たくましい我が子の姿を見て、

涙を流して喜んでいて…、

そのご両親の喜び様を見て、私まで感動で涙が溢れてしまいました。

病気ということを全く感じさせない、少女の無邪気な、屈託のない笑顔は、

ご両親が、その子に不自由させないようにと、

必死に努力した結果です。

そんな少女と、

我が子の笑顔を幸せそうに見つめるご両親の笑顔を見ていたら、

何だか、

「病気が不幸だなんて、ウソなんじゃないか...」

と思えてきました。

少なくとも、この親子を見て、

「彼らを不幸だと思う人は一人もいない」

と思います。

病気は勿論、あまり歓迎できないものですが、

この親子の様に、

病気になったことで家族の絆が深まる、

ということもあります。

又、周りの人の優しさに触れ、

愛されていることを実感することもあるかもしれません。

病気をきっかけに自分の生き方を見つめ直し、

魂が本来望む生き方に軌道修正されていく…、

ということもあると思います。

病気というのは、

病気になった、イコール「不幸」なのではなく、

病気をどう受け止め、どう向き合っていくか、

ということが、幸・不幸を分けるのではないでしょうか...

病気になっても、向き合い方次第で光を見つけ、人生を輝かせることもできる

ということを、この親子に教えてもらった気がします。

🍀メンタルケアカウンセリング受付中🍀

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》