使命の見つけ方

以前、本で読んだのか、人に聞いたのか、忘れてしまいましたが、
最近、
「自分の使命が知りたい」
という人が多いそうです。

そういった人達は、
自分が満たされているから、周りの人に幸せを分けてあげたいと思うのか、
人の役に立つことで、自分を満たそうとしているのか、
真相は分かりませんが。。。

でも、いずれにしても、
『使命』というのは、「命」を「使う」と書きますから、
自分以外の誰かや何かのために、自分の人生を使うことは、とても良いことだと思います。

さて、本題の、使命の見つけ方ですが。。。

好きなことや、やりたいことがハッキリしている人は、それがそのまま人の役に立つことに繋がるので、分かりやすいと思います。

でも、そうでない人の場合はどうしたらいいでしょうか?

その場合、私は、
『自分の個性』
に注目すると、見つかりやすいのかなと思います。

私と言えば○○、
私の代名詞、
みたいなものです。

それは、人とは違う、一風変わった面かもしれません。
あまり、好きじゃない部分であったりするかもしれません。

でも、そのことと徹底的に向き合ううちに、その分野を極めることができ、それが、誰かや何かのために役立つことって、結構あります。

例えば、生まれつきサイキックな能力のある人は、その体質のせいで、常に体調が悪かったり、不思議ちゃん扱いされて、孤独を感じたりして、
「何でこんな風に生まれついたのか」
と、天を恨んだこともあったかもしれません。

でも、スピリチュアルブームとなった今、スピリチュアルカウンセラーとして、人の役に立てる機会は沢山あります。

又、私の知人の男性は、若い頃に極度のあがり症でしたが、それを克服し、今は話し方教室の先生となって、同じように悩む人の救いとなっておられます。

こんなふうに、自分の個性(本当は、あまりありがたくないような個性でも)
そのことと徹底的に向き合っていくうちに、
自然と、人生の目的、使命へ導かれるようになっているのではないか、
と私は思います。

そしてもう一つ、使命を見つける上で、とっても大事なことがあります。

それは、
『大きなことをしなくていい』
ということです。

使命、天命というと、ものすごい大きな、すごい事をしなくてはいけない、と感じている人が多い気がします。
それで、「自分には無理」と、はなから諦めてしまっているような気がします。

でも、
国を動かす政治家にならなくてもいいんです。
世界中の人を、うならせる巨匠でなくてもいいんです。
どんな病も治してしまうお医者さんでなくてもいいんです。

たった一人の人を笑顔にすること。
たった一人の人を癒やすこと。
たった一人の人のために生きること。
それで、充分です。

その人のために生きた、つまり、自分の命を使ったことになります。

「大きなことをしないといけない」というのは、成果主義という物質的な価値観です。
魂は物ではないので、物質的な価値観では満たされません。

事の大小ではなく、その時に、自分の心が温まる『瞬間』を大事にして下さい。

その、瞬間、瞬間を、1つでも多く感じること…。

それが、生きがいとなり、自尊心を高め、使命感へと繋がっていくのではないでしょうか。。。

《ブログ記事一覧》

《HOME》