私達を守っている目に見えない存在について

今日は、私達を守っている目に見えない存在について、お話します。

よく、
「死んだおじいちゃんが守ってくれてる」
なんて言ったりしますよね。。。

勿論、亡くなった身内の方も私達を見守って下さっていますが、
更に縁の深い、私達が生まれてから死ぬまで、ずっと見守り導いてくれる存在がいます。

ご存知の方も多いと思いますが、そういった存在を、
『主護霊(守護霊)』と言ったりします。

外国風に言うと、
『ガイドスピリット』
『ガーディアンエンジェル』
なんて言ったりします。外国風の方がお洒落ですね(´∀`)♡

人は、「一人で生まれ、一人で死んでいく」なんて言いますが、
霊的視点で見ると、一人で生まれ、一人で死ぬ人は、一人もいません。

そしてその存在は、
私達が生まれる前に立てた計画、
人生の課題、
生まれた目的、使命を知っていて、
それらに沿って人生を歩めるよう、私達を見守り導いてくれています。

私達の物質の目では見ることも、声を聞くこともできませんが、
今も、あなたの後ろで、あなたをサポートしています。

そして時々、
偶然の出来事とか、
たまたま読んだ本とか
誰かの口を借りて、とか、
一瞬のひらめきとか、
夢の中とかで、
私達にメッセージを送ってくれます。

落ち込んだ時に、何気なく見上げた夕暮れ時の空の、あまりの美しさに感動し、励まされた…なんて経験はありませんか?

何気なく本を開いた時に、偶然目に飛び込んできた言葉が、迷っていたことの答えで、あまりのタイムリーさに驚いた…なんてことはないでしょうか?

たまたま流れてきた音楽に勇気づけられたとか、
不思議な偶然の一致が多発するとか、
エンジェルナンバー(ゾロ目の数字。例えば「111」「8888」とか)を頻繁に見るとか、
そういったことはありませんか?

そんな時は、私達を見守ってくれている存在と、私達が繋がっている時だと思って下さい。
見えなくても、聞こえなくても、色んな手段を使って、私達をサポートしてくれています。

悩み、迷った時には道を示し、
孤独に泣く時は、なぐさめ、
気力を失った時には、鼓舞するような出来事を起こして、
常に寄り添い、励ましてくれています。

何か、偶然とは思えないような、
計算され尽くしたような、
奇跡的な事が起こる時、
私達は、目に見えない存在の加護を受けています。

私達は、決して一人で生きているのではありません。

どんなに孤独を感じていたとしても、友達や親兄弟よりも縁のある、魂の絆で結ばれた守護霊様が人生を一緒に生きてくれています。
そのことを、常に意識してみて下さい。

意識すればするほど、パイプができ、繋がりやすくなると言います。
なので、一緒に生きているイメージ、バックアップしてくれているイメージを常に持つと良いです。

そして何より大切なのは、
明るい雰囲気で過ごすことです。

霊的世界の波長は、とても精妙でデリケートだそうで、私達が暗くどんよりしていると近づけないそうです。
曇りや雨の日に、厚い雲に覆われて、太陽の光が地上に届かないのと同じです。
存在はしているけれど、雲に遮られて繋がることができないのです。

だから、自分の周りの雲はスッキリさせて、
常に『晴れ』の状態にしておいた方が、サポートを受けやすくなります。

私も、そのことを知って実践してから、私にとって必要なことが急に起こり始め驚いたことがあります。
皆さんも是非、試してみてください(o^-‘)b

《ブログ記事一覧》

《HOME》