大宮氷川神社に行って来ました!

先日、パワースポットとして有名な、埼玉の大宮氷川神社へ行ってきました!

実は、今年の初めに願掛けをしたお札があったのですが、

ありがたいことに成就しましたので(*^^*)

お焚き上げして頂くために、お札を納めに行きました。

毎年お正月に、近所の氏神様に初詣に行くので、

その時でもいいかと思いましたが、

感謝の気持ちを表すのに、あまり先延ばしにしてもどうかと思ったので…。

調べたら、大宮の氷川神社は、年間を通してお札を納められると書いてあったので、

近所だし(と言っても電車で30分以上かかりますが)

「日頃の感謝を伝えたい」という想いもあって、

お参りに行くことにしました。

氷川神社のご祭神は、

須佐之男命(すさのおのみこと)

稲田姫命(いなだひめのみこと)

大己貴命(おおなむちのみこと)

の御三神で、

大宮氷川神社は、関東一帯にある200を超える氷川神社の総本社だそうです。

その歴史は古く、約2400年前、第5代孝昭天皇の時代に創建されたと言われています。

ご祭神の神様方はご家族でいらっしゃるそうで、

(須佐之男命と稲田姫命はご夫婦で、大己貴命はそのお子でいらっしゃるそうです)

男女の縁結び、愛情運は勿論、

人間関係を円滑にし、人との縁を結ぶことから、仕事運などのご利益もあるそうです。

その日は夏日で、大宮の街中は日傘を差さないと歩くのがしんどいくらいでしたが、

参道に入ると、両脇に並んだ木々が日よけになってくれて、幾分ラクに歩けました。

そして境内も、立派な大木が所々に木陰を作ってくれていて…、

神社特有のピンと張りつめた空気と、

時折吹く風が心地よくて、

暑さを忘れさせてくれました。

とは言え、駅から20分以上歩いて、汗だくで…(;^_^A

まずは、お参りをさせて頂いて…、

その後しばらく、汗が引くまで境内で休ませて頂きました。

その時に取った写真です。

何となく、拝殿にはカメラを向けずらかったので、

楼門と呼ばれる門を撮影させて頂きました。

朱色のとても綺麗な立派な門で、

格式高い神社であることが分かります。

私の撮影した画像で、皆様に伝わるか不安ですが(~_~;)

その後、境内の外にある納め所に、お札を納めて帰って来ました。

私は、昔から祖母に言われていたことがあります。

「神社でお願い事をして、それが叶ったら、必ずお礼に行きなさい」と。

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんも同じことを仰っていますが、

その著書の中で、

「人間関係と同じですよ」

と話しています。

私達も誰かにお願いをして、何かをしてもらったり、助けてもらった時に、

お礼を伝えますよね?

それと同じと考えると、

確かに、お願いをしたり、おみくじを引いたりするだけでなく、

感謝をするために神社に足を運ぶことも、とても大事なことと分かります。

若い頃は祖母の言葉を忘れて、修学旅行などで無邪気に色々お願いしてそのまま…、

ということもあったので、

本当に申し訳なかったと、今になって反省しています(;^_^A

なので今は、旅行などで遠方の神社へお参りさせて頂く機会があった時は、

なるべく個人的なお願い事は控え、

「今日、ここへ来させて頂いて、ありがとうございます」とか、

「日本が平和でありますように」と、お祈りをするようにしています。

もちろん願掛けをする時もありますが、

その場合、もしも叶ったらお礼を伝えに行くようにしています。

物質に囲まれて生活していると、目に見えないものに対する意識が、ついつい薄れてしまいがちですが、

私達は、日々、自然の恵みを頂いて、

目に見えない存在に守られ、導かれて、

苦しい時も、見捨てられることはなく、

深い愛で見守られているのですよね...

そのことを時々思い出し、

お願いするだけじゃなく、

感謝をするために神社を訪れるのもいいかなと思います。

🍀メンタルケアカウンセリング受付中🍀

〈お申し込み・お問い合わせはこちら〉

〈MENUはこちら〉

《blog一覧》

《HOME》